2006年01月07日

漣(サザナミ)

本日の美の巨人達は
明治生まれの日本画家
福田平八郎の『漣』
漣.jpg

とてもモダンで
とても純粋で
とても完璧で
とてもぼやけている
真理を追究する苦悩など
微塵も感じさせずに
それと対面させてくれる
すばらしい絵画だ

彼は初めて日本画壇で洋服を着て、
画名はもたず本名で
誰に弟子入りするでもなく
自分の興味に忠実に研究をすすめた
天才だ。

良いことを言った
「僕はもっと素直になろう、そしてもっと歩き回ろう」

写生狂は必ず細密画になる
でもそれではつまらないのだ
それは描きたいものではないのだ
描いてしまうだけで
表現したいのは
世界の美しさ、なんでもないものに宿る感動を
伝えたいのだ

ぼくはもっとすなおになろう

http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/frame/frame3.htm
posted by よっこ at 22:38| ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ボクはいつでもすなおで少年のようなこころをもっているから、
いつだってとてもすてきなニンゲンなのさ。
Posted by ヨシくん at 2006年01月09日 03:24
君の口癖は5歳児の思考回路だもんな。
わたしはダメだわ。
虚栄心がつよいので。
Posted by at 2006年01月09日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。