2005年05月22日

Gian Lorenzo Bernini(ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ)/イタリア(ローマ)

美の巨人達
http://www.tv-tokyo.co.jp/kyojin/picture/f_index.htm

作品画像いっぱい
http://www.abaxjp.com/bernini/bernini-2.html



彫刻といえば「ミケランジェロ」くらいしか名を挙げられず
国立西洋美術館の馴染みの地獄門を何度観ても
たいして彫刻には惹かれなかった。

衝撃的だった「ベルニーニ」...

テレ東の『美の巨人達』は数少ない見ようと努力するTV番組の一つだが
始まって長いこともあり大御所はやり尽くした感あり、
最近はマイナー路線(美術の知識など中学止まりの身としては)だった。
たしかに面白いのだが、感動、まで行く作品は難しい。
久々に登場の大御所(名前知らなかったけど...サンピエトロも彼とは!)は強烈だった。

『ベルニーニ「聖女テレージアの法悦」』

彫刻とはとても思えない滑らかさ。なんだその手の肉感!なんだその表情!その筋肉!
まるで最新の樹脂で出来たフィギアのような曲線美。大理石だろ?

しかもその見せ方も完璧だ。
教会の祭壇奥に作られたソレは
信者が祈りを捧げる位置にくると
天井に設けた窓がチラリとのぞき、
自然光が金色の閃光を伝って彫刻まで降り注ぎ、天使と聖女が天上へと導かれる。

彫刻家、画家、建築家、舞台演出家、の彼の計算し尽くされた配置。
地上3mと少し高い位置に置かれているため
下から見上げると素晴らしいテレージアの表情は隠れてしまう。
そこもまた小憎らしい。
絶対的な才能と自信だ。

ローマに幾つかある噴水の中にも彼の作品がある。

ううぅ〜み、観たい!やっぱイタリア行かねば!有無を言わせぬ美がゴロンと市内に転がっている。
やっぱ住むなら地中海か?



それにしても...『バロック』って「肉感的」だったのね。知らなかった…

【関連する記事】
posted by よっこ at 08:16| ☁| Comment(1) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Posted by at 2005年11月23日 15:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3808871

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。