2005年10月30日

秋のおさんぽ

久しぶりに早朝散歩に出てみれば
田舎の小道は秋満載

栗の木
栗山

1枝に2〜3個の栗が成る模様
栗ズーム

何かもわもわしたもの
もわもわ
ピンぼけしすぎ・・・Pの携帯のカメラはあまり上手く写せません。
枝の塊が綺麗に枯れたような植物
名前がわからない。今度母に尋ねてみよう。

お散歩もようやく慣れて迷わなくなりましたが、
やはりお寺にはたどり着けません。
鐘の音も聞こえなかった。朝は何時に鳴らすのだろう?
育った環境からの影響というのは凄まじいもので
鐘の音が響かないと落ち着きません。池もないし。養鶏場は動物園と同じ臭いがするが・・・

昨日のTVでミロが故郷から離れられなかった、とやっていたが
やはり生まれ育った土地の質感は感性そのものなのだろう
『鐘は上野か桜に蓮に 文化の華も咲き競う』
やっぱいいなぁ上野は。
posted by よっこ at 23:57| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。